【オススメ】デザインからイラストにまで役立つステキな配色本

お世話になっております。愛美です。
2020年もあっという間う1ヶ月を切ってしまいましたが、皆さんいかがお過ごしですか?
わたしは年末に向けて制作スケジュールが埋まっていて、結構カツカツな感じです…。

複数の案件を同時進行でやっているとそれぞれスケジュールもあるので、
作業スピードをあげる必要があるんですが、を決めるのに時間を取ってしまうことが多いです。
色はパッと見た印象に強く影響するので、割と気を遣っているのですが、如何せんいっぱいありすぎて迷う…。

デザイナーさんやクリエイターさんの中でもそういった方は多いんじゃないかなと思い、
今回はわたしがヘビーユーズしている配色本をご紹介したいと思います!

見てわかる、迷わず決まる配色アイデア 3色だけでセンスのいい色

以前ブログでご紹介した「ingectar-e」さんの参考書です。
無限にある色の中から3色でバチっと決めることができちゃう最強の配色本だと思います。

3色だけでセンスのいい色の魅力ポイント


1. 8つカテゴリーから配色を探せる
2. バランスのいい配色がひと目でわかる
3. デザインの作例も豊富

「ナチュラル」「エレガント」「ビジネス」等、8パターンのカテゴリーに分けられていたり、
バランスの良さを面積比を見ることができる上に、デザイン例もたくさんあるので、デザインの引き出しも増える1冊です。

そして、プラスで個人的に良いな!と思っているポイントは、「色の名前」と「巻末の一覧」。
本書で紹介されている色1つ1つに名前が付いていて、巻末には、色の名前と掲載ページが記載されている一覧があるので、コードや数値では覚えられないわたしにはありがたい仕様でした!

色選びで迷ってしまう方にはオススメですので、ぜひ参考にしてみてください!