お久しぶりです。デザイナーの愛美です。

今回は休日に東京ミッドタウン 21_21 DESIGN SIGHTで開催中の
㊙︎展 めったに見られないデザイナー達の原画」へデザイナーの友人と一緒に行ってきました。

めったに見られないデザイナー達の原画

㊙︎だけど撮影OKということなので、iPhone 11 Proを構えて、いざ入館!

休日にお出かけしましたが、21_21 DESIGN SIGHTでは、
予約制」になっているので混雑することもなく、しっかりと見ることができました。

模型・図面・スケッチが大事

完成品をお披露目されて当たり前ですが、そこへ至るまでの工程が非常に大切だと思います。

乳酸菌飲料 ヤクルト
子どもの頃から何気なく手にしていたけど、今思うと絶妙な形してる…。

このラフの量と丁寧さよ…。
自分のラフを思い返して愕然としました。

グリッドを活かしたラフとフリーハンドのラフ。
色が入るとよりイメージが湧きやすいですね。

思わず惹かれてしまった小道具

照明デザイナー 面出さんのラフで見かけた「ぺんてる スーパーマルチ8」。
1本で8色も持ち歩けるのよくないか?と思って、その日にネット注文!
原画だけでなく、プロの使う小道具が見れるのも㊙︎展のよいところです。

覗き見して思ったこと。

プロのデザイナーさんのラフを見ていく中で、自分にちゃんと取り込まなくていけない。というのがいくつもありました。

1. 日頃から思い付いたものを手書きで残す
2. イメージはアウトプットして、整理する
3. ラフは具体的にしっかり細部まで描く

そして、今回はたくさん撮影してきましたが、実際に見に行ってほしい!という気持ちを込めて、小出しにレポートをまとめてみました。

ぜひデザイナーさんもデザイナーを目指す方も足を運んでみてください。

㊙︎展 めったに見られないデザイナー達の原画

企画展示「㊙︎展 めったに見られないデザイナー達の原画

東京ミッドタウン 21_21 DESIGN SIGHT ギャラリー1&2
http://www.2121designsight.jp/

※6月13日時点では、「事前予約制」でしたが、変更している場合があります。
※閉館時間等合わせて事前にご確認ください。